BIOGRAPHY

98年結成。ジャマイカでは短命に終わったロックステディの「あ​のスチャラカ感」を体現できる貴重なバンド。キラーなメローチュ​ーンから高速ロックステディまで、トンチの利いたそのサウンドは​遊び心に満ちている。
CHEE, RUDEBWOY FACE, G.RINA, ランキンタクシーなどダンスホールシーンのアーティストとの共演​も多く、リリースされたシングルはいずれも即完売。現場でのプレ​イ率の高さを誇る。
2011年夏の5thアルバム “good night, sleep tight, young lovers” のリリースに続き、2012年冬には5th 7inchシングル ”Sho' Nuff feat. Spinna B-ill”をリリース。

Kosuke Saito
Drums, Percussions
Tomohiro Ukawa
Pedal Steel Guitar
Kenji Kakizawa
Trumpet, Flute
Hatayoung
Keyboards
Takasada Inada
Tenor Sax
Nao Nagata a.k.a. Don Drummond Ⅲ
Trombone
Yukio "Morgan" Tamura
Bass

HISTORY

1998年
森下(Guitar)、岩瀬(Bass)、斎藤(Drums)で結成。当初はギター、ベース、ドラムの3ピースというシンプルな編成であった。
1999年
横山功志(Sax)加入。
2000年
鵜川知宏(Pedal Steel Guitar)加入。
2001年
1st アルバム[mano a mano]をリリース。DUBを基調にROCK, SOUL, JAZZなどを取り込んだサウンドで話題を呼ぶ。
2002年
2nd アルバム[smokey branch]をリリース。1stアルバムに見られたサンプリングや打ち込みなどは影を潜め、よりオーガニックな生音重視のサウンドに移行。現在のスタイルの礎を築く。
吉川英二(Perc.)、柿沢健司(Trumpet)加入。
2004年
夏。7inch シングル[GREEN TO GOLD]をリリース。親しみやすく、口ずさめるメロディーを心地よいREGGAE, ROCKSTEADYのビートにのせ、オーセンティックでありながら新鮮なサウンド・スタイルを打ち出す。
2005年
1/12(水)7inch シングル [RUNNIN' AWAY] をリリース。デニス・ブラウンのリメイクトラックにスライの名曲を乗せるというFRISCOらしい遊び心溢れるアレンジ。B面にはライブでおなじみの泣きのインストチューン [bird roots] を収録。
9月。3rd アルバム"Melodyline"をリリース。
2006年
1月。8人目のメンバーとしてハタヤン(Keyboards)参加。
6月。RIDDIM BANDITSをリリース。
8月。フジテレビFACTORY出演。4thアルバム"Panther's Top Ranking"リリース。
9月。福岡で開催されたSunset Live 2006出演。Rankin Taxiと共演。
9月。"Panther's Top Ranking"リリースパーティをクアトロで開催。この日を最後に吉川(Perc.)と横山(Sax)が脱退。
2007年
正月。稲田貴貞(Tenor Sax)加入。
2008年
5月。永田直(Trombone)加入。8人編成に。
2010年
5th Albumのレコーディングセッションを開始。
2011年
7月。5th Album "good night, sleep tight, young lovers"リリース。
12月。7inch シングル [Virtual Insanity]をJetSetよりリリース。
2012年
1月。横浜サムズアップにて、"good night, sleep tight, young lovers"リリースパーティを開催。
4月。森下(Guitar)、岩瀬(Bass)が脱退。
6月。新メンバーにドイラ(Guitar)、まさと(Bass)を迎える。
12月。7inch シングル[Sho' Nuff feat. Spinna B-ill]をHONG KONG ELEVATORSよりリリース。まさと(Bass)脱退。
2013年
4月。新メンバーとして、Morgan(Bass)が加入。
6月。"good night, sleep tight, young lovers" LP版2枚組をJETSETよりリリース。
10月。ドイラ(Guitar)が脱退。